妊婦だけじゃない、胃痛持ちにも優しいデカフェ

デカフェと聞いて想像することは、妊婦さんが飲むコーヒーでしょうか。

もちろんカフェインが摂取できない妊婦さんにとってありがたい飲料ということは間違いありませんが、胃痛持ちで苦しむ人にもデカフェは大いにありがたい存在なのです。



ストレス社会、胃痛に苦しむ人はとても多い世の中です。


仕事中のリフレッシュに、勉強中の眠気覚ましに、コーヒーを選ぶ事はとても自然なことです。

しかしそこで胃が痛かったらどうでしょう。


折角のリフレッシュどころか胃痛がさらにひどくなってしまいます。
なんとなくコーヒーが胃に悪いという話を聞いたことがある人は多いでしょうが、一体なぜでしょうか。

実はコーヒーに含まれるカフェインは、胃酸の分泌を促してしまうので、空腹だと胃酸が胃粘膜を溶かし傷つけてしまい炎症を起こしてしまうのです。
また、コーヒーだけでなく、紅茶や緑茶にもカフェインが含まれています。

お手軽なエキサイトニュースに関する情報の一覧です。

よって、胃が悪い人は注意しなければならない飲料なのです。そんな時にありがたいのがデカフェ飲料。



元からカフェインが入っていない麦茶やルイボス茶は有名ですが、カフェイン成分を抜いたデカフェのコーヒーはもちろんの事、なんと紅茶もあります。カフェインが入っていないからといって味が変わるわけではありません。
エスプレッソに比べたら味が薄い気がするけども、アメリカンコーヒーとは何ら変わりがありません。胃が痛いけどリフレッシュもしたいという人にとっては、とってもありがたい飲料であること間違いなしです。

胃痛でコーヒーが飲めない事によるストレスを溜めることよりも、デカフェで今までと変わらない生活を送ることはいかがでしょうか。